AWS入門 AWSを運用するためのベストプラクティス

デジタルトランスフォーメーションの必要性が叫ばれる中、オンプレミス環境で構築したシステムをAWSへ移行しようという動きが活発化しています。しかしAWSに移行したからといってシステムが正常に稼働し続けるわけではありません。サービスの状態を常に監視しながら、機能アップデート状況をキャッチアップし、継続的に最適化を行う必要があるため、想像以上に負荷が高く、負担になっている方も多いのではないでしょうか。
そんな状況を解決するために、本資料ではAWSの運用のベストプラクティスを紹介します。

  • システムの正常稼働を支える「運用」業務
  • AWSの運用を最適化するための妥協点を探る
  • AWS運用でのモニタリングとオペレーションの考慮点
  • 運用のアウトソースと事例紹介

※どのページからお申し込みいただいても、ダウンロード資料 一覧にあるすべての資料をダウンロード可能です。

ダウンロードお申し込み