行政におけるパブリック・クラウド

国内のITシステムにおいて大きな割合を占める、政府・各自治体行政のシステムや、教育・研究機関を含めた公共領域はパブリッククラウドサービス導入の潜在的なポテンシャルが大きいといえるでしょう。
この資料では、行政・公共機関のパブリッククラウドの導入における現状から課題を整理しながら、クラウドサービスブローカーを活用することで得られるメリットについて解説します。
(一般社団法人 行政情報システム研究所発行『行政&情報システム』2020年8月号 掲載)

  • グローバル動向と国内状況
  • クラウドの本質的な価値
  • 我が国のクラウド導入における課題要因
  • クラウド活用の成功のためのクラウドサービスブローカーという存在
  • クラウドサービスブローカーの事例
  • 適切な支援のもとで円滑なクラウドジャーニーを

※どのページからお申し込みいただいても、ダウンロード資料 一覧にあるすべての資料をダウンロード可能です。

ダウンロードお申し込み