インフラ担当者の業務負荷軽減のためにAWSで活用すべき運用自動化機能

インフラ担当者の業務負荷軽減のために
AWSで活用すべき運用自動化機能

システムインフラをオンプレミスからAmazon Web Services(AWS)へ移行したものの、運用管理の業務負荷は一向に軽減しない――そんな悩みを抱えるインフラ運用管理担当エンジニアは少なくありません。そこで検討したいのが、インフラ運用の自動化です。AWSには、複数の運用自動化機能が用意されており、それらを有効に活用することが課題解決の近道です。今回は、AWSの運用自動化機能を紹介するとともに、導入前にどのようなことに注意すべきかお話します。

  • インフラ担当の悩みの種とは?
  • 自動化で得られるメリットと注意すべきポイント
  • インフラ担当の業務負荷軽減を実現するAWSの機能群とは

※お申し込みいただくと、ダウンロード資料 一覧に掲載している全ての資料をダウンロードできます。

ダウンロードお申し込み